「名探偵コナン 戦慄の楽譜」ネタバレ!犯人と最後のラスト結末!

映画「名探偵コナン 戦慄の楽譜」は2008年公開されました。
劇場版『名探偵コナン』シリーズの第12作目です。

「戦慄の楽譜」は「せんりつのフルスコア」と読みます。

この劇場版「名探偵コナン 戦慄の楽譜」ネタバレと結末、犯人やトリックを紹介します。

伏線部分にはアンダーライン
推理回答にもアンダーラインを引いておきますね^^

スポンサーリンク

「名探偵コナン 戦慄の楽譜」あらすじ

「名探偵コナン 戦慄の楽譜」あらすじ

監督:山本泰一郎
脚本:古内一成
原作:青山剛昌
主題歌: ZARD 「翼を広げて」

今回の事件は、音楽の舞台で起こる連続殺人事件です。

ある音楽アカデミーでの爆破事件に始まり、次々に狙われるアカデミー関係者達。
音楽ホールの完成記念公演を前に、事件はエスカレートしていきます。

テロのように巻き起こる爆発を、コナンは止めることが出来るのでしょうか?

名探偵コナン 戦慄の楽譜ネタバレ

名探偵コナン 戦慄の楽譜ネタバレ

学内のあちこちから音が聞こえてくる学舎・堂本音楽アカデミー。
ある日ここで練習室が爆発するという大きな事件が起きました。

ピアニストとチェリストが亡くなり、生き残ったバイオリニストの河辺奏子も重傷を負った事件です。

今後最も期待されるバイオリニストの一人と言われる河辺の不幸・・・
しかしそのニュースを笑いながら見ている者がいました。

恨むならその才能を恨め、そう呟いたのは一体誰なのでしょうか―――?


それから数日後、コナンは、件の事件現場に来ています。

遠くまで吹き飛ばされた鍵盤を拾った時、少し離れた場所でコナンと同じように鍵盤を拾い上げる初老の男性が・・・。

男性は何をするでもなく車に乗り、そのまま現場を後にしたのでした。

新しいホールでは、コンサートに向けて堂本が動き始めています。
作曲家でありオルガン奏者でもある堂本は、パイプオルガンを一心不乱に弾いているのです。

荘厳な音楽はとても練習とは思えず、招待され見学に来ている蘭たちは顔を輝かせるのでした。


事件が解決されていない事もあり、ホールには目暮の姿もありますが、堂本は気にする風もなくコンサートに向けた仲間と練習を重ねています。

そこにはコナンが見た初老の男性もいました。
彼はこの堂本ホールの館長・譜和匠。

その他にもオルガン調律師や堂本の息子で今回のコンサートの企画も務めた弦也も壇上に上がっています。

そこへ堂本アカデミーの9期生・ソプラノ歌手の千草らら、8期生のバイオリニスト・山根紫音らがやってきました。

山根は負傷した川辺の代役として、彼女の所有するストラディバリウスを使っての演奏が期待されています。

しかし練習が始まると何度もダメ出しをされる山根。
その様子に、まだ私の出番はないようね、と声を上げたのは観客席に座っていたソプラノ歌手・秋庭怜子です。

普段はクラシックに縁遠い蘭ですらも知っている有名人の彼女は、なんどやっても叱られる山根を見てホールを出て行ってしまったのでした。


休憩時間になってもパイプオルガンに見とれている歩美達。

そんな彼女たちに、演奏に変化を出すパイプオルガンはフルートやトランペットの音も出せると説明してくれたのは弦也です。

鍵盤だけでなく様々な場所を引きながら音楽を奏でるパイプオルガンに、彼らは更に感銘を受けた様子・・・。

しかしその休憩時間を使って目暮は秋葉に事情聴取を始めました。

アカデミーでの爆発は、元がプラスチック爆弾だったことと、その爆破時刻はなくなった二人の演奏時間に合わせていた事が分かっています。

そこで彼らは、生き残った河辺が事件に巻き込まれる直前メールを送った相手である秋庭に話を聞きに来たのです。

「音の違いの分からない素人とは一緒にやれない」というメールの意味を尋ねる目暮。

しかし秋庭は河辺とそこまで親しいわけでもない為、意味はそのままじゃないの?と冷たく返します。

目暮は、現場にフルートの胴部管だけが落ちていたと食い下がりますが、それにも彼女は反応を返そうとはしません。

名探偵コナン 戦慄の楽譜ネタバレ フルート

そのまま持参の喉に良いお茶を飲みだし、話は終わりと言わんばかりの態度です。

そんなお茶に食いついたのが元太です。
そのお茶を飲めば今度の合唱大会で優勝できるかも!と盛り上がり始めた彼らは、秋庭に自分たちへの合唱指導を頼みます。

すると意外なほどあっさり秋庭はオッケーしてくれたのでした。

スポンサーリンク

「名探偵コナン 戦慄の楽譜」水筒

「名探偵コナン 戦慄の楽譜」水筒

後日、本当に指導にやってきてくれた秋庭は、言葉箸は冷たいものの、子供達一人一人に向き合ってきちんと声をかけてくれます。

彼女は絶対音感を持っているのです。
そしてその絶対音感はコナンも・・・。

指導が終わり、早々に教室を出ようとした秋庭ですが、思わぬ足止めを喰らいます。
元太が彼女のお茶を勝手に飲んで苦しみ始めたのです。

秋庭が最後にお茶を飲んだのはお昼前。
それからアカデミーで練習したあとトイレに向かいここへ来たと話す秋庭。

置きっぱなしになっていた水筒に、誰かが何かを容れるのは難しいことではありません。

病院に運ばれた元太は、幸いにも大した事にならなかったものの喉のかなりの炎症が残ってしまいました。

4~5日で治るとは言うものの、もしこれを秋庭が飲んでいたら・・・三日後の堂本のコンサートには出られなかったでしょう。


入院することもなく帰宅できる事になった元太を送りがてら、全員で歩いていた時でした。
一台のトラックが彼らを目掛けてアクセルを踏み込んだのです。

散り散りになって逃げるコナンたち。
するとトラックは明らかに秋庭一人を狙って追い始めました。

向かいからタクシーが来たことで急な方向転換をしたトラックは途中道にはまった事で秋庭は助かりましたが、コナンが駆けつけたとき犯人はもう姿を消しているのでした。

これだけの目にあっていながら秋庭は一連の事件を自分から警察に連絡する気はないようです。
全てをコナンたちに任せ、一人先に帰ってしまうのです。


しかし事件はこれだけではありませんでした。

バーで起こった爆発によりまたもアカデミーの卒業生が犠牲となったのです。

さらには全く別の場所でパラグライダーを楽しんでいた卒業生も落下して死亡してしまいます。

これにより被害者は四人・・・
彼らは全てアカデミーの一期生で、さらには二年前までピアノカルテットを組んでいた間柄です。

そんな彼らが殺された場所にはそれぞれフルートの一部が・・・。

「名探偵コナン 戦慄の楽譜」容疑者

フルートの部品は全て揃った為これ以上の被害者は出ないように、と祈りながら捜査を続ける目暮。

彼が調べたところ、やはり何者かが秋庭を狙っているのは間違いがありません。

彼女がコンサートに出られなくなって一番得をするのは、彼女の代わりに出ることになる千種ららでしょう。
そもそもこけら落としの出演は千草が先に決まっていたのです。

ところが、先に出演が決まっていた川辺が秋庭との共演を熱望したため、ソプラノが変更されたのでした。

その川辺も、彼女の代役となった山辺からすれば狙うだけの意味があります。

このコンサートの出演できれば世界的に名前を売るチャンスになるからです。

しかしその他にも、どうしてもストラディバリウスの音色が欲しかった堂本も容疑者に上がるなど、人間関係が絡みすぎていて毛利などは頭を抱えてしまいました。


そこでコナンが声をあげます。
アカデミーで起きた爆発で練習室にあったピアノの価値を訪ねたのです。

大事そうに鍵盤を拾う譜和の姿が焼付ていたコナン。

あのピアノは堂本が30年以上引き続け、譜和が調律し続けていたものだったのです。

ピアノの演唱者としての立場を引退した堂本により寄贈されたものでしたが、譜和は亡くなった四人の態度に苦言を呈し続けてきたのでした。

しかし四人と譜和の関連性はありません。


翌日、コナンは秋庭の自宅を訪ねます。
彼女の自宅に入り、写真立てに写る男性の姿に気づいたコナン。

男性はフルートを持っていました。
そしてその写真の前にはフルートが・・・。

「名探偵コナン 戦慄の楽譜」容疑者

しかし長居は出来ません。
大事なコンサートの前には、森林浴に行くと決めている秋庭について家を出たのです。

自然を体に取り込みたいと歩き出した彼女は、コナンと一緒に森を歩きます。
何者かの狙う銃口になど気付きもせずに・・・。

犯人はこんなところにも彼女を追ってきていたのです。
しかし犯人はなぜか、丸腰の秋庭とコナンを前にして引き金を引かず・・・

打たれると覚悟したコナンも拍子抜けするほどあっさりと去ってしまったのでした。

森をあとにした二人。
秋庭は銃を使われてもなお警察に連絡するつもりはないようです。

スポンサーリンク


「名探偵コナン 戦慄の楽譜」相馬光

「名探偵コナン 戦慄の楽譜」相馬光

コンサート前に時間を取られるのが嫌だという秋庭。
しかし帰宅したマンションには目暮たちが待っていました。

三年前に亡くなったフルート奏者・相馬光の名を出し話を聞きたいという目暮。

相馬はアカデミーの6期生で亡くなった四人と一緒に合宿していた夜に亡くなっていました。

酒の飲めない彼に無理矢理飲ませた四人・・・
しかし因果関係は認められず事故として片付けられてしまったこの案件。

相馬は秋庭の婚約者でした。

目暮は、秋庭が四人を恨んでいる可能性は高いとしながら、なぜ秋庭が襲われているのか?と疑問を抱えつつやってきたのです。

そんな目暮に秋庭は、観念したように顔を伏せながら、明日のコンサートが終わってから話します、そう言うとマンションに帰ってしまったのでした。


毛利の事務所に帰ってきたコナンと目暮。

相馬の生い立ちは寂しく、父親は分からない上に兄弟もいません。

コナンは相馬について調べてきた高木の手帳を見て何かに気付きます。

「相馬光 S52 8 3生 死亡時28歳 母親五年前に死亡 兄弟なし 父親不明」と書かれたそこに何かを見付けたようなのです。


亡くなった四人は素行が悪く、酒に酔ったままコンサートに出たりと他にも問題を起こしていました。

そこで彼らは堂本家に向かったのです。

しかしコンサートを翌日に控えている堂本は、彼らの訪問を快く思っていません。

適当な毛利の推理により犯人扱いされた弦也は、子供の頃の自分の写真を見せて激怒しながら見の潔白を証明します。

結局ただ単に堂本一家を怒らせに行っただけになってしまったコナンたち・・・。

未だ話ができるまでに回復していない河辺からは、唯一「空調が気になって」という情報しか得られていません。

「名探偵コナン 戦慄の楽譜」絶対音感

「名探偵コナン 戦慄の楽譜」絶対音感

明日はいよいよコンサート当日。
秋庭は無事ステージに立つことができるのでしょうか―――?

コンサート当日、リハーサルから見に来ている蘭と園子、そしてコナン。
そこへ秋庭がやってきました。

彼女にコナンが聞いたのは「河辺さんも絶対音感持ってた?」というもの。

秋庭はあっさり頷き、自分達が意気投合したのもそれがきっかけだったと話すのでした。

秋庭も河辺も絶対音感を持っていた・・・
その意味を考え続けるコナン。


やがてリハーサルの時間になりましたが、なぜかオルガンの調律師がやってきません。

細かい部分の調律が必要なのに、と弦也はぼやきますが、調律師は昨夜からホテルにも帰ってきていないようです。

来なくても困るわけじゃないけど、と話す弦也は、コンサートに集中することが第一のため、警察への届けでも出さないのでした。

そしてそのままリハーサルが始まります。
本番さながらに始まったパイプオルガンの音色。

しかしそれを聞いてコナンは違和感を覚えるのです。

しかし蘭達は何も感じなかったようで、リハの後、外に出て歩美達を迎えます。


喉の調子が戻らない元太はリコーダーを持ってきていました。

音階によってイエスノーを示そうとする彼は意外と元気そうです。

リコーダーで会話ができたらいいのに、という光彦に応えたのは灰原でした。

音階を文字に置き換えれば不可能ではないというのです。

でも元太には無理ね、と話す子供たちを横にコナンはやはり先ほどのオルガンの音が気になって仕方がない様子。
彼は一人行動を始めたのでした。

「名探偵コナン 戦慄の楽譜」拉致

「名探偵コナン 戦慄の楽譜」拉致

コナンが戻ったホールでは、秋庭がオルガンを弾いていました。
彼女も音の異変に気づいていたのです。

それがどこの部分なのかは見つけたが、治すにはやはり調律師の手を借りねばなりません。

しかしやはり来ていないので、二人は堂本の楽屋を訪ねる事にしました。

しかし彼はおらず・・・
仕方なくふたりは、休憩がてらホールから出て湖の前に向かいます。

それを犯人は見ていました。
一気に襲われ意識をなくしたコナンと秋庭。


開場され観客が入るよ言うになっても秋庭は戻ってきません。

開演まで15分を切り、堂本は千草を代役に立てる決断を下します。

客席では、コナンが戻ってこない事に蘭が焦っていました。
そこに届いた館内アナウンス。

秋庭に変わり千草が出ると聞いた蘭たちは、一様に驚くのでした。


意識を取り戻したコナンがいたのは、湖に浮かべられたボートの上でした。
オールを外されたボートに秋庭と二人寝かされていたのです。

大声で叫ぶも誰も答える物はありません。
犯人は何故殺さずに気絶させてボートに運ぶという労力を使ったのか・・・?

コナンはそれを疑問に感じつつ、とにかく今は陸に変える方法を考えねばなりません。

そこで二人が目をつけたのは、少し離れた場所にある建物の外に取り付けられた電話。

コナンがサッカーボールを蹴って受話器を外し、秋庭の声でプッシュ音を再現し110番するのです。

チャンスは一度だけ・・・
その緊張感に包まれていた時でした。

遠くの方から爆発音が響いてきたのです。
しかも二度も!まさか・・・。

「名探偵コナン 戦慄の楽譜」秋庭怜子

そのまさかです。
堂本ホールでの爆発はすぐにマスコミにも伝わり、各局が中継を結んでいる中再び爆発が起こります。

急いでコナンはキック力を発揮し、受話器を外しました。

秋庭と二人力を合わせて成功させたコナン。

救出に来てくれた高木と佐藤と共にヘリに乗り、ホールへ向かいます。

スポンサーリンク


「名探偵コナン 戦慄の楽譜」爆破

ホールの中は完全防音のため、観客も奏者も爆発に気付いていない可能性がありました。
そしてそれはあたってしまったのです。

外の喧騒など全く知る由もないホールの中では、千種の美しい歌声が響いています。
オープニング曲が終わり、堂本の挨拶が始まりました。

そこへ到着したコナンたち。
どの柱が爆発するかも分からないので、屋上からの侵入を試みます。

高木と佐藤は爆弾を探しに、コナンと秋庭は起爆装置を探しにホールへと散らばったのでした。


犯人はこのホールの構造に詳しく爆弾を仕掛けられる者・・・

そう考えればスタッフが犯人の可能性が高い。

そんな話をしながら進むコナンたちは、やはりあの音が治っていない事に気付きます。

堂本の調律師を長年勤めてきた譜和がいるはずだが、彼はピアノの調律師・・・オルガンとなると勝手が違うのかな?などと話すうち、川辺の言葉を思い出したコナン。

「音の違いのわからない人は~」というメールの意味が見えてきたのです。
という事はあの人が犯人か!

そう閃いたコナンは、爆発のタイミングについても気付きました。

あの合っていない音が鳴ると爆発が起こるのです。
ホールの外の柱は23本。

これまでにあの音が出たのはもう20回。

おそらく爆発はあと四回起こるだろうと予測したコナンは、犯人はこの中にいる、ということさえも見抜いていました。


そこで秋庭がとった行動は、なんと途中から舞台に出て音楽を止めるという方法でした。

「名探偵コナン 戦慄の楽譜」アメイジンググレイス

ヘタをしたら犯人から狙い撃ちにされてしまうかもしれない状況で、コナンと交わした三分という時間を確保するため足を踏み出した秋庭。

この時点でも残されたのはあと二回だけ・・・

アメイジング・グレイスを歌いながら、静かに舞台へと降りていきます。

急な彼女の登場に一瞬オルガンを弾く手を止めた堂本ですが、秋庭の遅刻に怒っている為それ以上何をいうでもなく、元の音楽を奏で始めました。

舞台上で混ざり合う二つの音楽。
結果的に勝ったのは秋庭です。

堂本が彼女の伴奏を弾き始めたのです。
それは秋庭の音楽が舞台を支配した瞬間でもありました。

「名探偵コナン 戦慄の楽譜」犯人

「名探偵コナン 戦慄の楽譜」犯人

そんな彼女を見ながら、やはり殺しておくべきだった、と悔やんでいるのは犯人。
そこへ後ろからコナンが声をかけます。

この歌声は消せない、あんたの息子が愛した人だから、と。
振り向いたのは譜和でした。

彼は光の父親だったのです。

譜和が仕掛けた起爆装置は、パイプの中に仕掛けられた装置が空気の流れを感知して信号を送る事で爆発させる仕組みでした。

全てを見透かされた譜和。

コナンは、絶対音感を持っているはずの譜和が、ゲネプロの時音の違いを指摘しなかった事から彼を怪しんでいたようなのです。

更に高木のメモを見て、譜和の車のナンバーが光のものだと気づいた事、弦也の幼い頃の写真に写っていた若かりし譜和が光にそっくりな事などにも気付いていました。

「名探偵コナン 戦慄の楽譜」犯人

譜和が四人を殺したのは光の仇討ち、川辺を巻き込み秋庭を執拗に狙ったのは、この計画に絶対音感の持ち主がいては困るからです。


その頃、舞台ではアメイジング・グレイスが終わりました。

そのラストを堂本は下の音楽に戻しあの音を弾いてしまい・・・
しかし爆発は起こりませんでした。

コナンが先回りしていたからです。
しかし起爆装置を取り出した譜和は、爆弾はこれでも爆破できると言い出し堂本の殺害を諦めていません。

彼が最後に狙ったのは堂本だったのです。


対峙する緊迫したコナンと譜和を見て、犯人を察した佐藤。

彼女が銃で譜和を狙いやすいように手助けしたのは灰原でした。
彼女は元太のリコーダーを奪うと音階で「狙撃」と知らせたのです。

この連携プレーにより起爆装置を失った譜和。

私の負けだ、と呟いた彼は最後の演奏に耳を傾けながら、動機について話し始めます。

「名探偵コナン 戦慄の楽譜」ラスト最後の結末

「名探偵コナン 戦慄の楽譜」ラスト最後の結末

彼が堂本を狙ったのは、30年間支え続けてきた調律師という職を奪われた、という恨みからでした。

彼はそれほどまでに堂本がピアノを引退したこと、そしてこのホールの館長を託されたことがプライドに触ったようなのです。

職人としての自分が失われ絶望感に包まれていた頃、プライベートでも息子の事故死が・・・。

以来音楽が耳障りになってしまった彼は全てを消し去ろうとこの計画を練ったのでした。


そこへやってきた堂本。

自分の決断がこれほどまでに彼を追い詰めていたことを謝罪します。

彼がピアニストを辞めたのは、譜和の調律師としての腕が落ちてきたからでした。

しかしかと言って、今更ほかの調律師を付ける気にもならず、堂本は引退という道を選んでいたのです。

思ってもみなかった事実を突きつけられ崩れ落ちる譜和。

その頃には外の爆発も終焉を迎えているのでした。


U-NEXTなら、名探偵コナンのアニメ全話すべてを
31日間お試し無料で見る事ができます!