名探偵コナン 桃太郎謎解きツアーのネタバレ!犯人と最後の結末や動画は?

名探偵コナンの中でも特に人気の高い神回を紹介しています。

今回は第377、378話となる「桃太郎謎解きツアー」です。
このお話は、『名探偵コナン』テレビオリジナルストーリーです。

この桃太郎謎解きツアーのネタバレ、犯人と最後の結末や動画についてご紹介します。

少年探偵団、吉田歩美、小嶋元太、円谷光彦3人が、それぞれキジ、犬、サルに扮し、コナン扮する桃太郎を呼ぶのでした(笑)

スポンサーリンク

名探偵コナン 377話:桃太郎謎解きツアー(前編)ネタバレ

桃太郎謎解きツアー(前編)ネタバレ

新幹線で岡山に向かうコナン率いる少年探偵団と阿笠博士。

歴史の勉強を兼ねての旅行のつもりでしたが、皆食べ物のことばかり考えています。

岡山駅、そして倉敷に向かい、北口を出ます。

美観地区と白壁の町並みが名所だと光彦と歩が説明し、駅にある鐘が鳴り響いています。

そして歩が行きたかった都市型テーマパーク・倉敷チボリ公園に入ります。

綺麗なテーマパークを一行が歩いていると、若い男女の争い声が聞こえてきました。

ショートヘアの女性に、年の割にはチャラいメガネをかけた男性がつっかかっています。

「私が記事にして宣伝してあげたから独立できたようなものじゃない?」

そんな彼女に男は相当な金を払ったようで、「同級生割引した」という彼女のセリフまで聞くと「ふざけるな!」と我慢できずに突き飛ばしました。

彼女に巻き込まれた歩は倒れてしまい、元太達がそれを怒ると、当の男女ではなく、別の爽やかな男性とおしとやかな女性が、歩に怪我はないかと気遣ってくれました。


その流れで、男女らは、歩への謝罪も兼ねてコナン達一行にアイスをおごりました。

先程歩を気遣ってくれた、爽やかな桃井直人(27)とおしとやかな女性木島弥生(27)は、大人げない喧嘩に巻き込んで申し訳ないと謝ってくれます。

しかし当の巻き込んだ2人は我関せず、といった感じです。

彼らは小学校の同級生で、15年ぶりの再開で、そこまで仲の良いわけではなさそうです。

また、名乗りもしないのは失礼と思った阿笠博士から皆が自己紹介をしていくのでした。

同窓会のメンバーは、桃井直人(27)、木島弥生(27)、鬼貫守(27)、そして先程喧嘩をしていた猿渡健吾(27)、乾聖子(27)、の5人です。

選挙に出馬する桃井の応援と、彼と木島の結婚を祝う為、乾が同窓会を企画したのです。

そして、彼らの名前の頭の文字が、桃太郎に出て来るキャラクターに関わりがありました。

「もも(い)、きじ(ま)、さる(わたり)、いぬ(い)、おに(つら)」という具合に…(笑)

桃太郎謎解きツアーのネタバレ

それを聞いたメンバーは昔の事を思い出し、懐かしみながら笑います。

彼らメンバーも、同じ事を思って桃太郎の劇を小学生の頃にしていたのです。

「でもあれ、台本と演出が良かったのよ…シュンヤの」と乾が空気を壊します。

その名前をメンバーが聞くと、皆の顔が曇るので、桃井がその話を止めさせました。

その後乾は「明日は宝探し」と言うと、あとは勝手に自由行動にして去ってしまいます。

猿渡もまた1人自由行動に入ります。


コナン一行は、倉敷美観地区や倉敷考古館で勉強もしましたが、やっぱり花より団子で、きび団子や、ままかり(飯借)(サッパという魚を使った岡山の郷土料理)を堪能しました。

とその時、川に桃がドンブラコと流れてきて、これにはコナンもビックリです!( ゚д゚)

少年探偵団がその桃を拾ってみると、パカっとその桃(のケースのフタ)が開きます。

ケースの中には、封筒が入っていて、その中にはイラスト入りの紙が入っていました。

コナンにとっては小学生レベルの暗号なれど、少年探偵団は謎解きに夢中になりました。

阿笠博士は「まあがんばれ」と言って、自分はとっとと何処かへ言ってしまいます。

コナンは、また博士が作ったのかと聞きましたが、そうではないようでした。


まず、目と火のイラストを見ると、それから連想できるのは、火の見櫓(ひのみやぐら)。

さっそくその付近を探してみると、古びたケースを見つけます。

しかしその中を確認すると、古い文房具や電池の切れたゲームやノートといったガラクタにしか見えないものばかりが入っています。

少年探偵団はガッカリしますが、コナンが(誰かの)タイムカプセルだと気づきます。

又「6年間楽しかった!!(あれをのぞけば)」というメモ紙に疑問を持ちます。

しかも自分達より前に、誰かが掘り起こした穴がすぐそばにあり、それが気になりました。


すると少年探偵団は、さらに暗号解読を勧めようとして、コナンもやらざるを得ません。

(^_^;)人のタイムカプセル掘るなんて、良い子は真似しないでねっ

次の暗号は、簡単な家(細長い台形と長方形)の絵に「PIBTIJ」と書かれたものです。

コナンはこれを軽々と解いてしまいます。

文字の一つ前の文字を思い浮かべると、P(ピー)の前はO(オー)。

これと同じ要領で他の文字も見てみると、「OHASHI」となります。

「おはし」ともよめますが、箸(はし)ではなく、倉敷に関係する場所のようです。


「何をしているの?」と突然聞き慣れた女性の声がし、振り向くと乾聖子がいました。

宝探しを秘密にしたい少年探偵団はコナンの口を塞いで、彼女には秘密にしました。

反対に歩が何をしているのか聞くと、「私皆に嫌われているから(1人で自由行動)」と苦笑いをします。

というのも彼女は嘘がつけない性格で、鬼貫の会社の宣伝記事を書くつもりが、「金貸しの裏表」なんて書いてしまったり、美容院を開いた猿渡についても、正直に(彼の腕が下手であることを)書いてしまったりしたそうです。

加えて、最近まで木島とは桃井の取り合いをしていたようで、乾は寂しそうに、その取り合いに負けた事をシミジミと話してくれました。

コナンも、これでメンバーがギクシャクしていた理由を理解しました。

空気を読んだか、コナンがシュンヤは来ないのかと、彼女に聞きました。

彼女は「鋭いな名探偵っ」と一瞬元気を取り戻すのですが、彼女の顔は少し寂しげです。

「当然呼んだよ…生きてたらね」というセリフに、少年探偵団はしんみりしてしまいます。

シュンヤは、正義感が強くとても良い子だったのですが、15年前に交通事故で死亡…。

乾はそこまで言うと、暗い話を子供達にしてしまった事を謝り去っていきました。


彼女が去ると、光彦はふいに案内板を見て「OHASHI」の答えがわかりました。

「OHASHI HOUSE」、つまり「大橋家」(有名な昔の大地主の家)です。

そういった知識を光彦が披露すると、歩は感心します。

彼女の食いつきがよく、光彦は「予習してきて良かったぁ♡」と心の中で喜ぶのでした。

その後、また彼らはタイムカプセルを発見しますが、また同様の状態です。

ガラクタや、「あれにはホントにびっくりしたなぁ…」というメモ書き等がありました。


次の暗号イラストは、まるで四角いピエロにも見えますが、携帯の絵文字にも見えます。

桃太郎謎解きツアーのネタバレ

t u t   
a  ←※これらを四角い線で囲んだイラスト。aは反転させたもの。

「tuta」をツタ(蔦)と読む少年探偵団に、「蔦は英語でアイビー、四角はスクエアさ。」

そうコナンが助言します。

それを聞くと、光彦が「倉敷アイビースクエアだ!」とひらめきました。

しかし、そこをあちこち探すもお宝が中々見つからず、一行は疲れてしまいます。

コナンが暗号を見直すと、「ハッハッハ~!そういうことか!」と声を上げて笑いました。

暗号は、aだけが裏ではなく、「全部」が「裏」だったのです。


そこの裏(庭)の大木の下を掘ると、やっとタイムカプセルを見つけました。

勿論、同じように古びた品と、「何か変だなぁ あれ…」というメモがありました。

「あれ」が何度も続き、コナンはまたしても考え込みます。

少年探偵団は期待はずれの品ばかりで、歩はつまらなさそうです。

とその時、歩の顔がいっぺんして青ざめ、悲鳴をあげます!

なんと木のすぐ横で乾聖子が倒れており、もう息がなかったのです!

加えて、すぐ横には、彼女が指で書き残したと思われる、「O(オー)・N(エヌ)・I(アイ)」の文字が地面の土に残っていました。

「おに(鬼)」というダイイングメッセージに、少年探偵団は震え上がりました。


岡山県警が来ると、少年探偵団やコナンがしゃしゃり出ようとしますが…。

コナンは、捜査をする津山刑事が持つ、被害者の所持品の大原美術館のパンフレットに、何故か裏返しに写ったスタンプがあったのですが、それに注目させても、彼は興味を持ってくれません。

津山刑事は、死亡した友人である、例の同窓会メンバーを署に招集し事情聴取を行います。

しかも全員に明確なアリバイがありません。

猿渡はチボリ公園に、鬼貫は宿泊先のロビーに1人でいましたし、桃井と木島はずっと一緒に美観地区を歩いて、離れたのはトイレで5分程度だった…、と言っても津山刑事は婚約者の証言は取り入れないといって、被害者と過去に付き合っていた桃井を疑います。

勿論、猿渡や鬼貫も被害者乾と過去にトラブルがあった為、疑います。

そこへ少年探偵団が暗号の謎解きをするキッカケとなった桃のケースを持ってきたのです。

「それってもしかして、俺たちのタイムカプセルの暗号をいれた…」

鬼貫を始め、そのタイムカプセルの暗号の存在を知っていたようでした。

実は、15年前に思い思いの品を入れた彼ら5人は、互いの品をシャッフル交換し、自分の物とは別の物を埋め、自分のカプセルがどこにあるのかわからなくなるようにしたのです。同時に本当の“気持ち”をそのカプセルに入れて…。


桃のケースを事情聴取の部屋の中央の机に置き、それを津山刑事と容疑者達が囲みます。

津山刑事は、彼らの卒業した小学校に、学校荒らしが昨夜出たことを告げます。

そしてその被害の品の中に、その桃のケースも含まれていたというのです。

桃井は金にもならないものと思って捨てたんじゃないかと言うと、続けて、乾が記者としてそれを突き止めて犯人に殺されたのかと津山刑事に問いました。

ですが、津山刑事はそうは考えていないようで鬼貫を一番に疑っていました。

何せダイイングメッセージに「ONI(おに)」とあったのですから。


解放された桃井、木島、猿渡は、小さな川の橋の上で本当に彼が犯人なの考え込みます。

すると桃井は、「今の世の中、誰が、誰を殺害したって…こんな時に宝探しもないからな…」と今までの彼の違う一面を見せ、暗号の紙を燃やして、川に処分したのでした。

その様子を、影でコナンが眺めています。

夜になりホテル倉敷に泊まったコナン一行は、そこで食事を取ります。

しかし元太がナイフを右手ではなく左手に、フォークを左手ではなく右手で使用した為、ナイフを床に落としてしまいます。

右利きだから、フォークは右手で持ちたいという元太に、阿笠博士は笑います。

コナンは突然このくだりでひらめきます。

ダイイングメッセージの本当の意味に気づいたのです。

しかし、その確固たる証拠をつかむには、残りの暗号「2つ」を解く為、埋められたタイムカプセルを見つける必要があるのです。

スポンサーリンク

名探偵コナン 378話:桃太郎謎解きツアー(後編)ネタバレ

桃太郎謎解きツアー(後編)ネタバレ

コナンと阿笠博士、そして吉田歩美、小嶋元太、円谷光彦の少年探偵団は、週末旅行で岡山県倉敷に来ていました。

そこで知り合った男女のうちの1人乾聖子(27)が殺され、小学校の同級生達が容疑者として疑われています。

桃井直人(27)、その婚約者木島弥生(27)、猿渡健吾(27)、鬼貫守(27)の4人です。

コナンは、犯行動機に容疑者らのタイムカプセルが関係していると睨みます。

その為残りの2つのイラストの暗号を解く必要がありました。

本物のイラストは昨夜桃井直人(27)によって燃やされてしまいましたが、下手くそながら光彦がメモを取っていた為、解読が続けられました。

そして光彦が何とか解読に成功すると、阿笠博士が運転するレンタカーに乗って、吉備路(こうもり塚古墳)に向かいました。

イラストの傘から連想して、こうもり傘、つまりこうもり塚古墳というわけです。


ところで警察の方では、重要参考人として、今は猿渡が取り調べを受けています。

勿論本人は犯行を否認…ですが15年前の桃太郎の劇では配役の変更があったようなのです。

鬼貫のセリフ覚えが悪く、鬼の役を猿渡と交代したようです。

つまり、ダイイングメッセージの「ONI(おに)」は猿渡の可能性が出たわけです。

またアリバイがない上に、被害者乾と揉めている所は皆が見ており、逮捕も間近とか…。

ともかく、早く全てのタイムカプセルを確認する必要があったのです。


古代、吉備の国と呼ばれた吉備路を通り、前方後円墳のこうもり塚古墳に到着です。

タイムカプセルを探す範囲は広いものの、近くに掘り返した跡があるはずなので、そこまで難しくはないとコナンが考えた通り、難なく光彦がそれを発見しました。

ただ中身は暗号のイラストが書かれた紙一枚です。

コナンがそれを見ると「やられたぜ光彦、あの暗号はダミーだ」と笑いました。

と意外にもがっかりしないコナンに対して、光彦は残念がります。

というのも、太陽の下に半分たたまれた傘、という光彦がメモをしたイラストは、つまり使う必要なし、意味なしという意味だったのです。

そして本物のイラストというのが今見つけたもので、鳥居の下に、桃が上にのったお釜が描かれていますが、すぐにまた光彦が答えを導き出しました。

その場所は吉備津神社だと光彦は言い、コナンはよくできたとばかりの顔をしています。

吉備津神社は、桃太郎の元になった説話、鬼の温羅(うら)を倒した吉備津彦命(きびつひこのみこと)を祀っている所ですが、神社は広く、結構移動は疲れるので、阿笠博士は今回はお留守番です。

奥には、お釜の音を占うお釜殿という物があり、それがイラストのお釜の正体でした。

そして、また同じように周囲を探索すると、タイムカプセルを発見する事ができました。

しかし、今度のメモは小学生にしては中々意味深な文章です…(-.-;)

「俊也(シュンヤ)君、安らかに眠ってね・・・・」(メモの原文は点4つ)

俊也とは15年前に交通事故で亡くなった少年で、つまりこれまでに見つけたメモ書きは、俊也の事を指していたのです。

このことから、残るタイムカプセルに何が入っているのかコナンは予測ができました。


車に戻って一行は再び倉敷へ戻っていきました。

車内でバラバラの絵のイラストを解読すると、重ねれば答えが出ると気づきました。。

それは睡蓮(の花)でした。

そして、倉敷で睡蓮と言えば、大原美術館の睡蓮です。

但し、睡蓮の池の事ではなく、有名な画家モネの絵の事です。

2000年に睡蓮は植えられている為、15年前にはまだなかったのです。

モネの絵は本館に飾られているので、その周辺にあるはず…なのですが見つからない!

そこで、歩がさきほどの睡蓮のイラストの暗号を見返すと、その下に「あと25歩歩く」とあり、近くには足を開いた銅像があることに気づきました。


これを聞くと、彼らはピンと来て、その銅像の歩幅分、25歩分を移動して見ました。

するとようやくタイムカプセルを見つけたのですが…何も入っていません!(゜o゜;

コナンは予想通りのようで、よくみると奥に封筒が張り付いていると元太が発見します。

明らかに今までの物とは外観が違う小さな茶封筒を開けてみると、メモが入っていました。

「門茂陀呑気坊」という文字が書かれて…ってなんのこっちゃ!?(笑)


乾聖子が殺害された、倉敷アイビースクエアの裏(庭)の大木の周りに岡山県警の津山刑事と容疑者達が集められました。

眠りの小五郎こと毛利小五郎の名を出し、コナンが警察を動かしたのでしょう。

そして、津山刑事には毛利小五郎から電話があったようで、詳しくは阿笠博士に聞くようにと指示を受けたようです。

そんな話を聞いていなかった阿笠博士に、コナンは満面の笑みです…。(^o^)

コナンは隙を見て、阿笠博士の手にボタン型スピーカーを持たせ、いつも通り影に身を隠し、蝶ネクタイ型変声機を使って、推理を始めました。

まず始めに、今逮捕されようとしている猿渡は無実だと言い、彼をホッとさせます。

津山刑事はこれに動揺し、じゃあ鬼貫が犯人かと早合点しそうになります。

それを阿笠博士(コナン)がなだめ、15年前のタイムカプセルの話を持ち出します。


容疑者達は、自分のタイムカプセルと交換、シャッフルし埋めました。

乾の物は桃井が火の見櫓に、鬼貫の物は乾が大橋家の中庭に。

猿渡の物は、鬼貫が今皆のいるアイビースクエアに。

木島の物は、猿渡がこうもり塚にダミーを埋め、本物は吉備津神社に。

最後、桃井の物は、木島が埋めました。

しかし、いずれも少年探偵団が見つけた際、そばには掘り返された形跡がありました。

また阿笠博士(コナン)は、ある疑問点を投げかけます。

何故、皆のように桃井さんの物には文章が書いたメモが入っていなかったのか…と。

桃井はそんな趣味がなかっただけと笑い飛ばしますが、阿笠博士(コナン)は攻めます。

「いや、本当は入っていたんじゃろ?それを抜き取り処分するのが目的だったんじゃ。
それを聖子さんに気づかれ…じゃろ?桃井さん!」

つまり、桃井が犯人だというのです。

桃太郎謎解きツアー 犯人

「ふざけるな!何の証拠が!?」と桃井は激怒し、推理が続きます。

まず「ONI(おに)」のダイイングメッセージは、被害者の指の位置がポイント。

しかし左利きの乾の発見された当時のあの指の位置ではおかしい…。

「O(オー)」ではなく、「I(アイ)」の位置で止まっていなくてはなりません。

同時に、左利きの人は裏返しに文字を書いたりする事があり、つまり左から右に文字を書いたのではなく、右から左へ裏返しに書いたのです。

かつ消えた部分があるようで、本当は「OM」、反対にして「MO」と書きたかったのです。

つまり「MOMO(もも)」、「桃井」と。

これに桃井は「デタラメだ!そんなもの全て想像じゃないか!」と反論します。

しかも彼には木島とほぼずっと一緒にいたというアリバイがあります。

トイレで離れた5分程度を除いて…。


確かにその短い時間で犯行をやるのは難しそうですが、この場所にトリックがありました。

実は、アイビースクエアと美観地区は背中合わせにあり、道沿いに表を通ると遠くとも、敷地内を通ればとても近い距離にあります。

少年探偵団が実際に走って、時間を計測すると、子供の足でも往復1分50秒。

つまり彼の行動としては、予め犯行現場に乾を待たせ、ここへ駆けつけ彼女を殺害、そして再び駆け戻り、その後、残りのタイムカプセルを掘り起こしに1時間はかけたのです。

犯行時間は午後2時前後ですが、木島の前から桃井が姿を消した時間がなかったかと、彼女に阿笠博士(コナン)は尋ねると、彼女は確かにそうだったと正直に言いました。

それでも桃井は「何一つ証拠がないじゃないか」と言って認めません。


「それならある。あんたの財布の中にな…」

阿笠博士(コナン)がそういうと、彼は意味がわからず、不安に思います。

真犯人は、「犯人である鬼貫は学校荒らしを装った」と思わせる為、被害者の財布の中身を抜いていたのです。

ただ、それをそこらに捨てるわけにはいかないので、自分の財布に移したはず…と。

それでも、桃井は自分の財布をさっと胸ポケットから出し、まだしらを切ります。

そこで阿笠博士(コナン)は、津山刑事に事前に頼んだ「あれ」を出してもらいます。

「あれ」とは、毛利小五郎(のフリをしたコナン)が持ってくるようにいった、被害者の所持品の「大原美術館」のパンフレットです。

そして、津山刑事に桃井の財布の中身を確認させます。

すると、とある千円札にスタンプの切れ端が写っていたものが見つかりました。

津山刑事は、これはどういう事かと桃井に迫ります。

乾は、チケットとお札を重ねて財布に入れていたのですが、そうとは知らずに桃井はお札だけを持ち去ってしまったのです。

入場スタンプが偶然写り、対になったお札だけを…。


もはや言い逃れができなくなった彼は、地面に膝をつき、崩れました。

彼は悔しそうに唇を噛み締め、ついに自供しました。

「アイツが…聖子が15年前の事…今更15年前の事探ったりするからっ…。」

当時の桃井は、イジメっ子達に万引きを強要されていた所を俊也に見られてしまいました

桃井は、俊也が親や先生に告げ口すると思っており、俊也は赤信号の横断歩道で…※。

※アニメではここでは細かい描写はなく、赤信号と急ブレーキ音の表現のみ

そして俊也は命を落としてしまいましたが、桃井は罪の意識からついタイムカプセルに真相を書いて、それを埋めてしまったのです。

もう友達とも縁が切れるし、掘り起こすこともないだろうと思って…。

しかし、乾の3日前の電話で事態が急変してしまいました。

彼女は取材ついでに、タイムカプセルを掘り起こしたいというのです。


ただこれだけ聞けば殺す必要などなく、鬼貫や猿渡は紙を捨てれば良いだけと激怒します。

ところが、これには続きがありました。

乾は自分の埋めたタイムカプセルを探しにきたら、掘られていた跡を見てしまったのです。

その時、タイムカプセルを掘り出す事を知っていたのは桃井と乾だけでした。

その為彼女は「もしかして、スクープだったりして?」と彼を煽ってしまったのです。

猿渡らにそれは「ハッタリじゃねえか!」と言われ、彼らと同様に昔から彼女がそういう女であったことを桃井自身も知っているはずでした。

「怖かったんだよ…全てを知られたみたいで…」

弱々しく答える桃井を横に、木島は顔を隠して泣いてしまいます。

そこにコナンが最後のタイムカプセルで見つけた茶色の封筒を彼女に差し出しました。


津山刑事は桃井を連行しようとしますが、その前に木島がある嘆願をします。

彼ら4人が卒業した倉敷市の小学校へと向かう途中、コナンは暗号のイラストを俊也が亡くなる少し前に彼から木島が頼まれて書いたものだと聞き出しました。

彼も一緒にタイムカプセルを埋めるはずでしたが、彼女は彼の死後は怖くて中身を見れないまま、カプセルを埋めてしまったそうです。

そして「門茂陀呑気坊」という文字が書かれた暗号はアナグラムで、平仮名で書いて、逆に並べ替えると、答えが導き出せるものとなっていました。

「もんもだのんきけぼう(門茂陀呑気坊)」→「もものきぼうけんだん(桃の木冒険団)」

それは桃太郎の劇をした時の彼らのグループ名でした。

また、その稽古をした場所も木の下でよくやっていて、今そこを掘り返しています。

ついに俊也のタイムカプセルを開け、その中を見ると、言葉を失います。

「かっこよかったなぁ、桃井くんの桃太郎…今度は僕が桃太郎になって、桃井くんを助けるんだ…あんな奴らの言いなりになるのは止めさせるんだ…でも…先生お父さんお母さんには内緒…絶対に…絶対に秘密なんだ!」

これを聞くと、桃井は「まさかと」心打たれました。

それ以上に木島は泣き崩れてしまいました。

そしてコナンは、「もしかしてお兄さんを助けようとして…」とつぶやきました。
そうです…。
俊也は桃井を助けようとした時、トラックにはねられてしまったのです。


同級生一同、悲しみにくれ、悔います。

子供の頃、ちゃんと俊也の事を見つめ直していれば、こんな事件が起きなかった事に…。

木島も猿渡も、そして鬼貫も、今まで目を背けて来たことに罪を感じました。

「きっとオレ…鬼のような顔をしてたんだろうな」と桃井もまた自分の為に2人も人を“殺して”しまった事を深く後悔するのでした。

津山刑事は、「心の中の鬼は、自分で退治するしかないだろう…」と諭しました。

コナンも「あんたは桃太郎なんだから…」と彼らの昔と今を思いながらつぶやいたのでした…。


事件が解決すると、倉敷チボリ公園で人魚像に、歩は無理やりコナンと水掛けをして、見事彼は歩の「桃太郎」となりました。

恋人達の聖地でもあり、人魚に水を掛けると幸せになれるとか…。

置いてきぼりな光彦と元太は残念がります。

それに歩は、「元太君は豚君、光彦君はかっぱ君」と孫悟空の話をごっちゃにして彼らをなだめます。

当の2人はそれに気づかないまま…(笑)。

そして、阿笠博士は「君たち、ワシのことはホットドッグ?」とわかりにくい寒いダジャレを言って今回のスペシャルは終わるのでした…。


倉敷の町並みや観光名所を詳しく紹介しながら、意外にも重々しい終わり方をした今回の事件は、中々印象深いものとなりました。

同時にコナンがむず~い「桃太郎」のお話の由来や起源の説明をしてくれます…。

「桃太郎」は、岡山県にある吉備(津)、またそれら一体にまつわるお話だそうです。

中々にマニアックな日本史のお話をコナン君が冒頭で説明してくれました…。

(^_^;)大人でも難しいお話を…。

桃太郎謎解きツアーの無料動画は?

今回の前編・後編のストーリーは、服部平次の母・服部静華の初登場回となりました。

彼女の容姿にまんまと騙された人も多かったでしょう(笑)

また彼女の勇ましさや心根などが1ストーリーでよくわかるお話でもありました。

あまり多くの話に登場しないまでも、劇場版21作目「から紅の恋歌」でも出番があり、見落とすことができないキャラクターの1人なのでした。


この神回の動画を見る方法ですが、
残念ながら無料で観られるサイトはありませんでした。
正確に言うと、安心して無料で観られるサイトです。

怪しい、おそらく違法だろうと思われるサイトはチラホラありました・・・
ウイルス感染、ハッキングなどを考えると怖いですよね・・・

そんな怪しげなサイト、方法で不安を感じながら見るよりは、正々堂々と楽しんで見れる「U-NEXT!」がおすすめです。

U-NEXTなら、名探偵コナンのアニメ全話すべてを
31日間お試し無料で見る事ができます!

しかもかなりお得な方法がありますので、こちらの記事で紹介しますね。
U-NEXT!で劇得に動画を見る方法

もちろんU-NEXTなら名探偵コナンのアニメ、コミック全話が見れるだけでなく、その他の有名コンテンツもバッチリです!