名探偵コナン から紅の恋歌のネタバレ!犯人とトリックや最後の結末!

映画「名探偵コナン から紅の恋歌」は2017年公開されました。
劇場版『名探偵コナン』シリーズの第21作目です。

「から紅の恋歌」は「からくれないのラブレター」と読みます。

この劇場版「名探偵コナン から紅の恋歌」ネタバレと最後のラスト結末、犯人やトリック紹介します。

服部平次と遠山和葉のキュンとくるラブストーリーも見逃せません。
ますます服部平次が好きになる平次ファン必見の作品です。

伏線部分にはアンダーライン
推理回答にもアンダーラインを引いておきますね^^

スポンサーリンク

「名探偵コナン から紅の恋歌」あらすじ

「名探偵コナン から紅の恋歌」あらすじ

監督:静野孔文
脚本:大倉崇裕
原作:青山剛昌
主題歌: 倉木麻衣 「渡月橋 〜君 想ふ〜」

百人一首の団体「皐月会(さつきかい)」の会員、矢島俊弥が撲殺される事件が起こります。

一方、大阪府警に「日売テレビを爆破する」との爆破予告のメールが届き大騒ぎになっていました。
ヒントは百人一首の札。

この事件に平次と和葉の恋模様が絡み・・・

名探偵コナン から紅の恋歌ネタバレ

名探偵コナン から紅の恋歌ネタバレ

探偵の毛利小五郎は対談のため大阪の日売テレビに来ていました。
付いてきたのは娘の蘭や少年探偵団たち、そして江戸川コナンです。

大阪の高校生探偵である服部平次とおさななじみの遠山和葉と合流。

普段は美術館に展示されている伝統的なカルタ(百人一首)がスタジオに持ち込まれていました。


和葉の友人の未来子は高校のカルタ部の部長であり、皐月杯がメインとなる収録に呼ばれていました。

主催である皐月会の会長の阿知波と小五郎は対談の打ち合わせをし、秘書の海江田を紹介されたりして収録を待つことになります。

一方、服部はスタジオの廊下で皐月杯のクイーンである大岡紅葉と衝突。

すると、彼女は「未来の旦那さん…」と涙を流しながら呟き、服部は驚きつつも誰だか思い出せませんでした。


その頃、大阪府警宛にに日売テレビへ爆弾を仕掛けたという脅迫文が届いたため、テレビ局内に避難警告が流れて外へ避難していく人たち。

未来子はスタジオのカルタが心配で持って行こうとした際に爆発が…
負傷しつつもなんとか外に逃げるのでした。


和葉と服部は取り残されて火の手により行く手を阻まれたため屋上へ。

黒煙が立ち込める中、ターボ付きのスケボーでコナンが駆けつけます。

伸縮自在のサスペンダーをロープ代わりに使って服部たちを降ろし、後を追おうとしたところに火の手が…

コナンは一か八かテレビ局の巨大なアンテナを利用してスケボーで加速し、屋上から隣の川へ飛び込み助かりました。


狼速病院で未来子は骨折と診断され皐月杯に出れなくなってしまいます。

良い成績を残さないと改宝学園のカルタ部が廃部になってしまうと、和葉に打ち明けて代理を頼みます。

和葉は何回か未来子の練習相手をしただけで大会経験はありません・・・


そこに紅葉がやってきて取引を持ちかけます。
「大会で優勝した方が平次のお嫁さんの第一候補とし、告白する」と言うのでした。

子供の頃、指きりをして婚約を約束したという写真を見せたことで、和葉は勝負に応じます。

名探偵コナン から紅の恋歌のネタバレ

そうとも知らずに服部は、阿知波会長の元に京都府警から矢島が殺されたという電話を聞いてコナンと共に現場へ。

綾小路警部に通された部屋には撲殺された遺体があり、荒らされた部屋の様子などから強盗殺人だと推測されました。


矢島は皐月会の会員で一番の実力者であり、収録時に姿が無く心配されていたため阿知波はショックを受けます。

そこに2番目の実力を持つ関根康史がやって来て同じく驚きますが、その時の言動でコナン達は彼が怪しいと推理しました。


平次とコナンは関根を呼び出し、なぜ遺体が撲殺されていたと知っていたのかを問いかけます。

遺体には覆いがかけられており、凶器は模造刀だったことで普通なら刺殺と思うはず…

そして矢島がいなければ関根はトップになれるという動機もあると突きつけますが、彼は証拠が無いと言って出て行くのでした。

スポンサーリンク


「名探偵コナン から紅の恋歌」容疑者 名頃鹿雄

「名探偵コナン から紅の恋歌」容疑者 名頃鹿雄

関根や紅葉はそれぞれ車に乗って移動し始めた時、関根の車が爆破されて救急車で運ばれます。

紅葉は無事でしたが関根は意識不明と診断され、平次たちは彼が犯人ではないのなら誰の仕業かと疑問を抱く中、阿知波が名頃という人物を挙げたのです。

5年前、名頃会のリーダーだった彼は、阿知波の妻の皐月にカルタ勝負を挑みに来た直後から行方不明であり、名頃会が解散となったことで皐月会に入会したのが紅葉と関根でした。


犯人はテレビ局への脅迫状や矢島殺害時に百人一首の「紅葉」の書かれた札を忍ばせており、それらは名頃が勝負時に必ず獲得する得意札だとも分かります。

そして「紅葉」の札は添付メールで紅葉と関根にも届いていたのでした。

6枚中4枚が予告に使われた中、残り2枚も殺害予告となるのではとコナン達は懸念します。


調査が進み、名頃の行方を調査していた関根の元に矢島が訪れ、遺体を発見したため名頃の犯行だと思って凶器から指紋を拭き、現場を荒らして強盗の仕業に見せかけたと推測されました。

そのため、名頃を犯人として警察は捜査を始めます。


皐月杯当日、厳重な警備の中試合は始まり、和葉は1回戦から順調に勝ち抜いて決勝で紅葉と戦うことになります。

その頃、海江田は阿知波の指示で防災システムをオフにし、古い物置小屋にダイナマイトを設置しタイマーを起動した瞬間、爆発。

警察は身元不明の死体を、名頃だと思いましたが、駆け付けたコナンが海江田の指輪を見つけたことで、偽装だとわかります。


警察の調べで残りの2枚の札が阿知波と、決勝に残った和葉にも送らていたと分かり服部とコナンは急いで皐月堂へ。

湖上の滝の近くに位置し、エレベーターで上がってようやくたどり着ける皐月堂…

そこでは阿知波の読手の元、紅葉と和葉の決勝戦が行われていました。

阿知波はふもとを爆破していたため、服部はコナンを乗せてバイクで山を駆け、勢いをつけて皐月堂に飛び移ります。

「名探偵コナン から紅の恋歌」犯人と動機

「名探偵コナン から紅の恋歌」犯人

真犯人は阿知波でした。

コナンはなぜ名頃の仕業に見せかけて犯行を繰り返した動機を聞きます。


実は5年前の皐月杯の前日、名頃は阿知波の妻の皐月に挑んで圧勝しました。

しかし、皐月は負けたショックのあまり、名頃を殺害してしまったのです。

会の存続が危うくなると思って衝動的に・・・

そこに駆けつけた阿知波が犯行を隠ぺいすると決めました。

そして皐月堂に遺体を隠し、妻の皐月は病んでしまって2年後に亡くなります。

すべては、妻の皐月をかばうための犯行でした。


ところが矢島が高校生皐月杯争奪戦の録画を見た際に、伝統的なカルタに血痕があると気付いてしまいます。

そして矢島はこの名頃の件の真相にも気づくのです。
これを利用すれば、自分がトップに立てる・・・

その結果、阿知波は口封じのために彼を殺したのでした。


妻の皐月をかばうため、名頃に罪を負わせようと計画を練り、テレビ局の爆破の際にはカルタごと葬り去るつもりだったのです。

全てを語った阿知波は爆弾のスイッチを構えて、皐月堂に隠した名頃の死体ごと爆破しようとします。


その時、紅葉が名頃の言っていたことを思い出します。

名頃は初恋の相手だった皐月に勝って「すごい」と言ってもらいたい…

でも、自分は目の病でカルタができるのも残り1年しかない・・・

そのため名頃は、最後の皐月杯の前日に皐月に勝って、本番の皐月杯では彼女に勝ちを譲るつもりだったのではないかと・・・


阿知波は、名頃は皐月会を解散させるために挑んできたと思っていました。

そして、思い違いだったことに愕然としスイッチを押すのを止めるのでした。

「名探偵コナン から紅の恋歌」ラスト最後の結末

「名探偵コナン から紅の恋歌」ラスト最後の結末

その時、建物を支えてた構造が崩れかけ、紅葉と阿知波はエレベーターでコナンに助けられつつも地上へ。

しかし、取り残された平次と和葉は逃げ場を失い、一か八かバイクで向こう岸へ渡ることを決意します。

エンジンをふかして走りますが距離が足りません…


服部は「お前に言いたいことがあんねん」と和葉に向かって叫び、意を決して残っていた爆弾を爆破させてその風力を利用して着地!

和葉が崖から落ちそうになりますが、服部が急いで和葉の手をつかんで間一髪助けることができました。

和葉は服部に何を伝えたかったのかと詰め寄りますが答えは聞けず仕舞いとなります。


後日、和葉は決勝まで進んだことでカルタ部が廃部にならずに済んだことを蘭たちに報告します。

紅葉には負けてしまいましたが、唯一、服部平治の“平”の字が入った平清盛の読み札を取れたことを喜んでいました。


そこに紅葉がやって来て子供の頃にカルタ大会で服部に負けた時のことを彼に詰め寄ります。

「嫁にとるさかい」と言われたと紅葉が主張すると、服部は「強めに取るさかい」と言ったなぁ、と…

平次は、今度勝負する時は女だからといって手加減せず、札を取るのも強めにすると言ったつもりだと言いました。

それを聞いた紅葉は勘違いだったと気付いて撤退して物語は終わります。