「あの方」の正体は誰?ヒントから浮かぶコナンのライバル一族説!

連載開始から20年を超えてなお、その人気が留まるところを知らない名探偵コナン。
その中でもやはり気になるのは黒の組織の「あのお方」の正体ですね。

「あの方」の正体は誰か?いくつかのヒントから考察していきましょう。

スポンサーリンク

あの方の正体と黒の組織

あの方の正体

あの方の正体については、ネットでも連日連夜コナン好きの探偵諸君が本気でディベート甲子園を開催しているほどです。

あの方の正体については、すでに諸説ありますが、今回はこの人を強く推したいと思います。

あの方の正体、それはズバリ「黒羽盗一」です!

つまり初代怪盗キッド・・・


ちなみにKIDという言葉の意味をご存知でしょうか。
「子供」というのが一般的に思い浮かぶと思います。

他にも「からかう、だます」「うぬぼれる」といった意味もあったりします。
が、実はもう一つ意味があります。

それは「子ヤギ」です。

私の見解では、この「子ヤギ」という言葉が、黒の組織の名前に関わっているのではないかと思っています。

あの方の正体のヒント おおかみと七匹の子ヤギ

以前、黒の組織について作者が言及していたことがあります。
「組織名を言ったら『あの方』の正体がわかってしまう」

また、コナンがあの方のメールアドレスを突き止める、といった話がありましたね。
コナンによるとあの方のメールアドレスを入力するとボタンのプッシュ音が童謡「七つの子」のメロディを奏でる、ということです。

この七つの子の意味は、カラスの童謡の方ではなく、
「子ヤギの童話」である「オオカミと七匹の子ヤギ」ではないかと考えました。

有名なのでご存知の方も多いのではないでしょうか。

お留守番をしている子ヤギたちが母親の「誰が来てもドアを開けてはいけない」という忠告を破ってドアを開けてしまう。
するとお母さんヤギに扮したオオカミに食べられてしまう、といったお話です。

以前、灰原が「黒の組織はカラスというよりもオオカミの群れ」といったような発言もしていました。

キッドの意味が「子ヤギ」
ボタンのプシュ音の七つの子は「オオカミと七匹の子ヤギ」

「子ヤギ」で繋がってくるワケです。

スポンサーリンク

あの方の正体のヒント ベルモットはあの方のお気に入り

ベルモット

「ベルモットはあの方のお気に入り」
このセリフをジンが言ったことで、「あの方」考察のキーワードとなりました。

これについても初代怪盗キッドであれば説明がついてしまいます。
ベルモットと工藤有希子(工藤新一の母)は黒羽盗一の弟子なんですよね。

まあ、単純な理由ではありますが師弟関係なので、ということですね。
弟子ですから、お気に入りなのは容易に推測できます。

どちらにせよ、ベルモットが「あの方」の謎を解くキーマンであることは間違いありません。

余談ではありますが、そうなってくると工藤有希子がRUMの可能性もあるかなー、なんて思います。

映画「純黒の悪夢」の最後に見せた黒の組織員とは思えないやさしさと声優がうる星やつらのラムちゃんと同じだから(笑)

あの方の正体結論!

あの方の正体 黒羽盗一

初代怪盗キッド、黒羽盗一は亡くなっている設定になっていますが、実は生きていると思います。

怪盗キッドの原作漫画(まじっく快斗)の方も、現在完結していない状態です。
いわば未完のままなのです・・・

この怪盗キッドの物語と名探偵コナンの物語を同時に終わらせることが出来るのもファンとしては、これはこれでおもしろい締め方なのかも・・・

となると、名探偵コナンの最終回のクライマックスは、コナンと怪盗キッドの共演の回であることが推測できますね。


コナンファンにしてみれば、「あの方」の正体は最大の関心事です。

そこに初代怪盗キッドである黒羽盗一が黒幕の「あの方」として登場しても、
「え!誰?」
で最大級のインパクトが与えられません。

黒羽盗一を知らない人も多いはずですから・・・

ですが、
名探偵コナンのクライマックス回に、2代目怪盗キッドが共演する事によって
「お、親父・・・」
となって、コナンファンにも「あの方」が、怪盗キッドの父親だった!というインパクトを与えられるわけです。


なんでもそうですが、正解がわかる前の推理が楽しいですね。
好き勝手言えますしね。

まだまだ残っている伏線はあったりするのですが、今回はこの位で!